スポーツカーの自動車保険を保険会社として研究

昨年のfmcでスバルグローバルプラットフォーム採用第一弾モデルとして登場したインプレッサに早くも待望のstiスポーツが登場した。

 

昨年、レヴォーグにはじめて設定された最上級グレードがインプレッサにも追加される。

 

より上質でしなやかな乗り味を持った「大人のインプレッサ」として大いに注目を集める自動車です。

 

これは保険会社としても期待できます。

 

基本的にはstiスポーツの開発で培われたノウハウが、インプレッサにも注ぎ込まれることになるのだが、なんといっても最大の注目ポイントは足まわり。

 

ダンパーにはあのs270にも採用され、stiスポーツにも使われたビルシュタイン製「ダンプマチック2」が装備される。

 

最新技術が使われることで事故率が減り、保険料も下がることが期待できますね。

 

レヴォーグでもstiスポーツはその上質な乗り味が高く評価されているのだが、スバルグローバルプラットフォームを採用したインプレッサにstiスポーツを設定すればそれ以上の質感の高い走りを実現できるのは言うまでもないだろう。

 

さりげなく「凄み」のある大人のインプレッサstiスポーツ、こいつは自動車保険の観点からも目が離せない。

 

さらにスバルsvについて。

 

これはトヨタとの連携による新開発のストロングハイブリッドがすごい。

 

昨年fmcしたインプレッサをベースとしたクロスオーバーsuvモデル、xvが東京モーターショーでデビューする。

 

料率クラスはどのくらいだろうか?

 

時期型xvはガソリン車以上に新しいハイブリッド車設定が最大のハイライトです。

 

気になるのはどのようなハイブリッドシステムになるのかということだが、今のところ、トヨタで実績のある動力配分機構を採用したハイブリッドを開発している。

 

エンジンは現行型の2リットル水平対向4気筒、fb20型をミラーサイクル化。

 

事故率の低下で補償内容は軽い契約にできそうです。

 

損保としては注目の新車となります。

 

見積もりの手続きは車両保険や特約を見直しつつ進めます。

 

このシステムの採用で、現行のjc08モード燃費20.0km/リットルから2リットルsuvとしては異例にすごい30.0km/リットルオーバーを目指す。

 

トヨタの提携によってハイブリッドユニットの一部にths2の技術を採用して登場する次期型xvハイブリッド。

 

本格派ハイブリッド車の設定で次期型はjc08モード燃費30.0リットル超えを目指す。

 

rvr後継モデル

 

一連の燃費不正問題で新型車スケジュールが遅れた三菱が、ひさびさにニューモデルが出る。

 

rvr後継モデルが出た。

 

当初、rvr後継モデルには2015年の東京モーターショーで出展された「exコンセプト」をベースにすると目くされていたが、実際にはそちらではなく、同年のジュネーブショーに出展されアt「xr-phev2」をベースとしたものとなるそうだ。

 

全長4490×全幅1810×全高1620mmという数値は、コンセプトカーであるxr-phev2のものだが、rvr後継モデルもそれに近いサイズとなるはず。

 

特徴的なリアスタイルが美しいボディに搭載されるのは、2.2リットルの直4ディーゼルターボと、1.5リットルのダウンサイジングターボ。

 

当初はアウトランダーphev同様の、プラグインハイブリッドシステムの搭載が予定されているが、少なくともデビュー時にプラグインモデルは設定されない見込みだ。

 

2.2リットルディーゼルは、すでにデリカd5に搭載されているものだが、これをブラッシュアップして搭載。

 

残る1.5リットルターボの完成度にも注目だが、このターボモデルはディーゼルターボはディーゼルより登場が半年ほど遅くなるかもしれない。

 

ともあれ三菱ひさびさのニューモデルはかなりすごそうだ。

 

コンパクトsuvカテゴリーが、またにぎやかになることは間違いないだろう。

 

 

 

自動車保険は口コミを見て決めるべし

 

自動車保険を決める基準はなんだろうか。

 

それはずばり口コミである。

 

利用者からのクチコミを見ていると、その自動車保険が良いか悪いかが見えてくるのだ。

 

口コミを調べていると、その真実が見えるのだ。

 

だから、あなたが迷っているなら、自動車保険の口コミや評判を見て決めてくださいね。